Brown Pagecoffee column
毎年10月1日コーヒーの日、一冊の本 Brown Bookとして発行する、日々のコーヒーコラム。

年: 2013年

12月って世の中こんなに忙しいんでしたっけー!?!?!?
去年も一昨年も私、シャッターの中にいました。
去年はケーキ屋OPENに向けて店にこもって修行、一昨年は移転に向けて改装工事していたので完全に自分の世界に入っていました[#IMAGE|S42#] (まさにアンダーグラウンド!?)
あ〜〜年内終わらせなければ行けない事が山積み・・・!!!
今日は冬休みで帰省している大学生が何人もいらっしゃいました。
去年まで高校生だった子は本州の大学生になり「戻って来ましたぁ!」と顔出してくれたり。
「昔、うちに珈琲豆よく配達してくれてましたよね???」と、10年くらい前に配達に行っていたお客さんの娘さんが大学生になって登場!小学生だったよね!?
将来カフェをやりたい!!!というお友達と一緒に。
すごく本気なのが伝わってきて会えて嬉しかった。
そして「年内最後の休みだから」とコーヒー飲み納めにきてくれた常連さん。
「年内もう1回これそうだわ〜」と言ってくれた常連さん。
皆様 本当にありがとうございます(涙)
南3条店は12月30日まで営業、年明けは3日から通常営業しています!

昨日は行商しにいつもの保育園へ。行商仲間のじいさんに会えてよかった~。
Hoshikawa

  • title
    「賢者のおくりもの」とは違うけど
  • date
    2013年12月23日
  • category
    過去のブログ

ちょっとそんな話。
4プラ店。
最初は2人で来て、古いコーヒーミルが並ぶレジの後ろの棚から
それぞれが気に入ったものを指さしたりしていたカップルがいた。
男の子の方が後日1人でお店に来て
彼女にミルをプレゼントしたいと言う。
黒くて長い髪を編んで後ろできれいにまとめた
かわいらしい彼女の姿を思い出して
リボンはこれがいいですねっ!!と
彼女のイメージに合う
きみどり色に赤と白と紺色の水玉模様のリボンを
かけて渡した。
まだ渡すのは先だから、もしまた2人でここに来ても
黙っててほしいと照れていた。
それから何日かして
まさか、その彼女が1人でお店に来た。
髪をおろしていたのですぐには気がつかなかったけど
あどけない表情と落ち着いた話し方であの時の彼女だとすぐにわかった。
話す内容や様子からプレゼントはまだもらってないと予想がついた。
「彼にコーヒーミルをプレゼントしたい」
よろこんでくれるかな…と彼氏が気に入っていたコーヒーミルをさわって
いろんな角度から見たりしていた。
その様子を見ていて
ブラウンブックスカフェの店員をやれてよかったと思った。
高校時代からの友人のHosikawa店長に
無理やりっ?!とまではいかないけど
あれよあれよと言ってる間に4プラ店を任されることになって
できない事だらけで
そんな自分が情けなかった。
満足がいく接客ができないことにも落ち込んでいた。
そんな時
この幸せな光景に立ち会うことができて
純粋にうれしかった。
明日はクリスマスイブですね。
あのコーヒーミルを2つ並べて笑うあのカップルの姿が目に浮かびますなぁ。
NAKAGAWA