Blogブログ

店主です。

4pla店 閉店から1ヶ月ちょっと経ち、怒濤の日々が過ぎ、風邪で寝込み、復活して、4plaで店をやっていたのがもう遠い昔のように感じます。

 

9月20日で丸13年を迎えました。

昔は周年の度にセールやイベント事をやっていましたが、

10周年を迎えた頃から何となく日々の営業を大事にしようという流れになり、淡々と毎日 店を開け、コーヒーを落とし、ケーキを焼き、コーヒー豆や雑貨を売り、あっという間に1日が終わり、あっという間に13年が経ちました。

 

築90年経つここ和田ビルであと何年お店ができるのでしょうか。

どこを歩いてもギシギシ、トラックが通るだけで揺れるし、風が強いと窓もガタガタ、そして店の傾き加減が半端じゃないです。苦笑

 

もし20周年を迎えるとしてもここの場所では難しい。

限りある空間、時間です。

来た事がない方もある方もぜひ足を運んでみてくださいね。

 

 

 

10月に入り当店で毎年10月1日のコーヒーの日に発行している珈琲文芸誌『ブラウンブック』が発行になりました。

コーヒーのある風景をエッセイのような感じで、今年は店主・スタッフ2名・元スタッフ2名・常連客・出入り業者の計7名が書きました。

ご来店の際に是非お手に取ってご覧ください。(第7号 1冊¥300+tax)

 

 

 

温かいコーヒーが美味しい季節になりました。

コーヒーのお供のクッキー。

当店のオリジナルクッキーは今月中には種類が増えます!

現在は1番人気のプレーンクッキーに紅茶クッキー、サブレ、市松クッキーに加え、ダブルチョコクッキー、抹茶&ホワイトチョコクッキーが10月中旬〜下旬に復活。

その後いちじく&レーズンクッキー、オートミール&レーズンクッキーも11月以降に復活します。

少しづつレシピや形も改良してリニューアルする予定です。

 

なぜ復活できるかと言うと、2015年に泣く泣く閉店した”菓子工房 西野店”の時の菓子職人のまりこさんの工房がついにオープンすることになったのです。

工房は石狩市花川ですが、年内には小さなお店も開店する予定なので、決まり次第お店の情報もお知らせいたします!

本当に尊敬するまりこさんとまたタックを組んで商品を生み出していくのが本当に本当に楽しみで仕方がありません。

 

 

 

さて最後に、茂果(もか)と名づけたうちの子供も、来月で1歳になります!涙

先日初めて焙煎の様子を見学しました。

備長炭で焙煎している暑い空間で、物凄いコーヒーの香りに圧倒され、

何だろう???とジローっと見ていました。

将来の後継者になったりして。

でもまぁ、自分のなりたいものになってほしいですね。

夢は絶対叶うんだよ、という事を教えたいですね。

 

 


◆日々の情報は当店のTwitterをご覧ください。

◆ブログは毎月 月始めに店主が、月の中頃にスタッフ(湊・佐藤)が交代で更新していきます。

  • title
    4pla店 閉店のご報告。
  • date
    2019年09月14日
  • category
    まとめ読み

お久しぶりです、店主です。

当店の雑貨部門であるBrown Books & Vintageは2019年8月31日をもって閉店いたしました。

最後は多くの皆様にご来店頂き、本当にたくさんの人から愛されていたんだなぁと感謝の気持ちでいっぱいになりました。

私が店を閉めるのはこれで4店舗目でした。

始める時の思いは単純で一つしかありません。やりたい!っていうだけ。

 

しかし閉めるのには様々な思いがあります。

悩んで悩んで出した答えであって、理由は一つではなく様々な複雑な思いがありました。

でも決めたことだし、今は原点に戻り一旦1店舗に集中して、

当たり前の事なんですが、’’良い店にしたい’’そう思いました。

 

8/31閉店した後、2日で撤去し、商品と備品を本店や自宅に運んだあと、今度は本店の改装をしました。改装と言ってもペンキ塗りや模様替え、掃除、事務所スペースを撤去してBrown Books & Vintageの雑貨コーナーを作り、9/6リニューアルオープン。

営業時間も30分は早めて11:30~21:00までとなりました。

 

2店舗が1店舗になったので狭くて狭くて物が収納しきれない…

今もまだ模索状態ですが、9/11は身内だけのお疲れ様会をしました。

そして9/12うちが入っていた4plaの場所に古着屋Little Goさんが拡大リニューアルオープンをこの目で確認し、おめでとうございます!と言いながらも、あぁ跡形もなくなってしまったな…と込みげてくるものがありました。

 

珈琲屋をやる以前に、自分で海外に買い付けに行って雑貨屋をやるのが夢で、

その夢をもらったのも4プラの自由市場だったし、その夢が叶ったのもここ自由市場でした。

それは私の人生にとってとても大きなことでした。

最初の何年間は毎晩夜遅くまで長滝と残って模様替えをしたり、売り上げを作るのに本当に必死で大変だったけど、あれも青春のだったのかもしれない。

本当に皆様のおかげです。

6年間ありがとうございました。

4プラ自由市場の40年以上の歴史の中で、あぁあんな店あったよね、昔よく通ってたわ、と少しでも記憶に残る店になっていたとしたら幸いです。

 

特にイベント的なことはしませんが9/20で円山店オープンから13周年です。

私は営業時間中はほとんど売り場にいませんが、スタッフ湊と佐藤がいます!

リニューアルしたBrown Books Cafe、そして店内にあるBrown Books &Vintageも合わせて今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

店主

  • title
    4pla店 閉店のご挨拶
  • date
    2019年08月15日
  • category
    まとめ読み

2013年9月20日 BrownBookscafe 4pla店 開店 2018年1月に店名をBrownBooks&Vintage 4pla店と改め、早いもので約6年が経ちました。 開店から今日に至るまで、温かく見守って頂き日々支えて頂いたお客様の皆様へ心から感謝致します。

4丁目PLAZAは札幌初のファッションビルです。その中でも7F自由市場は独自のカラ-があり、ほとんどのお店は個人のお店の為、寝てなくても休んでなくても、みんな本気で好きなことの為にやっている熱い空間。 店主 星川もその一人で、私もたくさん夢をもらいました。 開店当初から徐々徐々にお店は膨らんでゆき、本格的にアメリカ買付がはじまると、更に膨らんでゆき、4plaの事務所に親に叱られる様に注意をされては、はみ出す前提であと何㎝引っ込めたら許されるのか知恵を絞りました。

内線が鳴るたびにドキドキした時期がありました。 これは忘れたくて、忘れちゃうんだろうなという記憶です。笑。 4pla店開店当初、今では探しても見つからない古書の宝庫でした。

単行本・ア-ト本・雑誌・絵本と数多くが寄付だったり、借り物だったり、様々な場所から集まってきた古書。初めて目にするものばかりで、ひとつひとつが目に飛び込んできました。

今でも忘れられない記憶です。 本屋さんや図書館に行くたびに『この絵本、店に置きたいな』『前に売れたこの写真集って、こんなに高いんだ』『このpop上手い』等と心の声でいつも、悶々とした日々を過ごしていると 定期的にやってくるのが『長滝さん○○○行って来て下さい』『閉店後、ごはん食べましょ』『今日予定ないですよね、車、出すんで○○○行きましょ』と、星川が色んな理由をつけては気晴らしに連れ出してくれてました。ありがたい記憶です。 『おはよう』『お久しぶりです』『元気ですか』『初めてきました』『これから○○に行ってきます』『今日着きました』『引っ越しました』『就職しました』『来月結婚します』『ドイツで料理人として働いてきます』『今日仕事でミスしちゃって』『学生以来20年ぶりです』『やっと退院して』『退職しました』『アニョハセヨ』『転勤になって』『実家の親です』『また明日』『さよなら』 毎日来てくださる方、待ち合わせで寄って行かれる方、就活中で就職してからも遠方にも関わらず毎回顔を見せてくれる方、旅行へ行った報告に来てくれる方、イベントがあればお土産を持って来てくださる方、1日の終わりに挨拶しに来てくれる方、皆さんからいつもパワーを頂きました。 開店当初から今日まで、お客さまのお役にたてることはあまり無かったかもしれません。でも何か聞くことが出来ていたら、嬉しく思います。

BrownBookscafeは『人が集う場所』にしたいという店主の想いが込もったお店です。 BrownBooks&Vintageは、その、人が集う場所に作られたVintageの空間です。 6年間本当にありがとうございました!

今後ともBrownBookscafe南3条店を、どうぞ宜しくお願い致します🙇 BrownBooks&Vintageの雑貨コ-ナ-がBrownBookscafeの中に出来ますので、お楽しみに☆

BrownBooks&Vintage店長 長滝 真弓

BrownBooks&Vintage 4pla店 『売りつくし閉店セ-ル 開催中!』

★8/21-8/31クリアランスセ-ル 店内ALL50%OFF!(除外品あり)

★8/21-8/31トランプクッキー100個限定