コーヒーコラム "Brown Page"
コーヒーにまつわる日々のコラム、"Brown Page"(ブラウンページ)。
毎年10月1日コーヒーの日には、一冊の茶色い本、"Brown Book"(ブラウンブック)として発行しています。

カテゴリー: menu column

  • title
    ハーブティークリームソーダ
  • date
    2022年09月12日
  • category
    menu column

     

デート前夜の女子は、忙しい。

普段は躊躇してしまう1枚300円のパックをしながら、とっておきのワンピースに似合う靴とアクセサリーを考える。帰り道に唐揚げ弁当としっかり目が合ったが、明日はデートだから、よくわからない横文字の葉っぱが入っているサラダを買った。

明日の朝、目が覚めて有村架純になっていたら歯を磨くだけで家を出るのだが、残念なことに私はただの一般女性Aさんでしかない。せめて自分史上最高の「かわいい」を叩き出すため、まるで戦いに挑むかのように、念入りに明日のシミュレーションをする。準備の時間を3時間と想定すると…起きるのは、朝6時。関ヶ原に向かう武士たちも、戦い前夜に思ったに違いない。大事な日だから早く寝たいのに、準備したいことがありすぎて全然寝れないじゃん!と。

新調したワンピースも、いつもよりラメが控えめなアイシャドウも、すべては自分の「かわいい」のためであることに違いはないのだが、できることならば、向かい合う彼からも「かわいい」の一言がほしい。

 

ただ、相手にばかり求めて期待するのは良くない、と幾多の恋愛コラムニストも、手相占い師も、流行りのJ-POPの歌詞でも口を揃えて言っていた気がする。

だからこそ努力し、自分の力で欲しいものを勝ち取りたい。気分はすっかり一国の軍師だが、軍師を名乗るには、圧倒的に相手へのリサーチが足りない。

気付けばもう長い時間一緒にいるが、彼が「かわいい」と言っていたのはカワウソぐらいな気がする。カワウソより私のほうがよく笑うし、ご飯作れるし、まつ毛上がってるし、髪はふわふわなのに!とあまりに不毛な感情を抱いてしまった点は冷静さに欠けていたと思う。軍師たるもの、負けた戦から次の戦の勝機を見い出したいものだが、現時点ではカワウソになるくらいしか方法が見当たらない。

無論、こちらも好んで戦いを挑んでいる訳ではない。たった一言、「かわいい」と褒めるだけで、その日1日は誰よりもご機嫌だし、山盛りの洗い物もするし、寿命間近の電球も7個くらい余裕で替えてやるというのに、彼はなかなか降伏しない。なので今日も、3時間かけて最強の「かわいい」を武装して、何食わぬ顔で待ち合わせ場所のカフェに向かう。

 

もう夏も終わるから、と駆け込みで頼んだハーブティークリームソーダは、可愛い見た目とは裏腹に、ハーブの爽やかな香りとすっきりした味わいが新しくて、ちょっとだけ、クセがあった。まんまると綺麗に盛られたバニラアイスが少しずつ溶けて、すっきりとした夏らしい味がまろやかに変化する。爽やかなだけじゃないし、甘いだけじゃない。初めは少しびっくりしたクセに、気づけばどんどん惹かれていく。飲み終わる頃には、次の夏も絶対飲もうと、まんまと思ってしまっていた。

クリームソーダに添えられた昔懐かしいチェリーは、今日のために買ったリップと同じ、かわいらしい赤色をしている。青とむらさきのソーダと、まあるいバニラアイスと、鮮やかな赤色のチェリー。そのあまりにかわいらしくきらきらした姿に、うっとりと目を奪われてしまう。

  

ふと、「かわいいね」と向かい合う彼が言った。

きらきらと輝くクリームソーダに対して言ったであろう一言が、陽の光で透けた青色のソーダを通して私に届く。

爽やかで、すっきりしていて、ちょっとだけクセがある。時々あまくて、とびきりきらきら。まるで、一筋縄ではいかない理想の女の子のよう。

今日のところは潔く負けを認めて、次回の戦いに備えよう。「かわいい」の一言をめぐるこの戦いは、きっと来年の夏には私に軍配が上がり、意気揚々と切れかけの電球を替えているに違いない。

 

ゆっくりと、バニラアイスが溶けていく。

ソーダと完全に混ざり合う頃には、他愛もない話に夢中になっていて、アイスが溶けていることにも、3時間かけた武装がすっかり剥がれていることにも気付いていない。

  

あまりにも分の悪いこの戦いが、これからもどうか、末永く続きますように。そう願う一国の軍師は、きっと性懲りも無く、次のデートでも朝6時に起きてしまうのだろう。

BBC staff 渋川

  • title
    パイナップルとジャスミンのケーキと、白ワイン
  • date
    2022年08月24日
  • category
    menu column

      

自他共に認める、単純な女である。

前世でどんな悪事を働いていたのか知らないが、お腹が減ると人の顔がハンバーガーに見える呪いにかかっているし、眠い時に話しかけられても、それっぽい相槌を打つ技術を磨きすぎた結果、実際は清々しいほどに何一つ聞いていない。

削られに削られたHPは、ご飯を食べるとみるみる回復し、眠るとさらに回復する。まるでRPGのプレイヤーのよう。さすがにドラゴンは倒せないが、パワーチャージを済ませた私は、村娘の困り事くらいなら解決できるかもしない。

     

単純な女の1日は、それはもう慌ただしいものである。

アイラインが上手く引けたらそれだけで良い日だし、ついでにまつ毛も綺麗に上がったら、まるで城下町に降り立ったお姫様かのような気分で街を闊歩する。新品のストッキングが伝線したらその1日は決まって何をやってもダメな日だし、見誤ってささくれをむきすぎた日なんて、もう最悪なのである。

単純故に、なかなかの頻度で人生史上最悪な1日を更新している気がするが、今日は一段とひどかった。朝ご飯の目玉焼きは焼きすぎてパサパサしていたし、いつになく蒸し暑いし、なぜか先月の電気代がめちゃくちゃ高かったし、欲しかったリップは狙っていた色だけが売り切れていた。あ、口内炎できてる。

    

何をやってもうまくいかない1日。人生のテーマは、自分の機嫌は自分で取る。こんな日は、好きなものだけに囲まれて、とことん自分を甘やかすしかない。

例えば、ホームアローンとコーラ。白いケーブルニットとタータンチェックのスカート、キンキンに冷えたビールと、坦々麺。

私を回復させる最強の組み合わせたちに、突然の新規参入である。

      

パイナップルとジャスミンのケーキと、白ワイン。

パイナップルとジャスミン。どうすればこんな、響きだけで心躍る組み合わせが思いつくのだろう。センスのない私には到底無理だ、と無意識に卑下してしまう。最悪な1日を過ごす今の私は、案の定ネガティブになっているし、周りの人の顔がハンバーガーに見えている。

パイナップルとジャスミンだけでも十分心躍る組み合わせなのだが、今日は何をやってもダメな1日。自分の機嫌を回復させるにはまだ足りないので、絶対に回復したい日の、白ワイン。

しっとりした硬めの生地はほんのすこし温まっていて、中にゴロゴロと入っているパイナップルの冷たさとの違いが楽しい。パイナップルの夏らしい爽やかさな甘みと、ジャスミンの高貴な香りが口いっぱいに広がる。

はちみつを上からかけて、まあるく添えられたレアチーズクリームを丁寧にケーキにのせて、一口。途端に贅沢な一品になる。誰にも渡さず、ワンホール抱えて食べられるくらい美味しいけれど、無くなってしまうのを惜しみながら、じっくりと上品に食べたいケーキ。

     

ケーキにはブラックのコーヒー。私の中で凝り固まっていた概念をいとも容易く覆したのが、パイナップルとジャスミンのケーキと、白ワイン。

背の高いワイングラスでワインを飲む、というだけで貴族になった気分を味わえるのは、単純故の特権なのか。いや、全員そうだと信じたい。タクシー移動がお決まりのロングヘアーが素敵な綺麗なお姉さんだって、アジェンダがあれでこれがエビデンスで、と難しい言葉を使いこなしているサラリーマンのおじさまだって、香り高いジャスミンと、フルーティーで爽やかな白ワインの前では、きっとどこか遠くの王国で大事に育てられているお姫様になってしまう…と、勝手に思っている。

史上最悪な1日、は撤回しよう。目玉焼きは固くても美味しかったし、異様に高かった電気代は節約すればいいし、売り切れていた色と似た色のリップを、5本くらい持っていた気がする。新しくできた口内炎は、3日も経てば治るだろう。

      

上機嫌なお姫様は、1LDKの殺風景な城に帰る。その足取りは、あまりにも軽い。

BBC staff 渋川