Blogブログ

年別: 2009年

トーテムポール。
みなさんご存じかと思いますが、動物や人間の表情がコーラージュされてつながりあった柱状の木の彫刻です。
北米大陸の先住民が彫っているもので、柱の一番うえはトーテムといって一族と最も関係の深い神獣像がのっており、「表札」の役割を果たします。
また高いトーテムポールの上に棺を取りつけて、遺体を収め墓柱としたり、族長になったときや結婚式などの、一人前になった証として行うポトラッチという大宴会の回数も示されています。

さて、そんなトーテムポールですが実は中にはとびきり変わったタイプ、「シェームポール」つまり「恥柱」と呼ばれるものもあります。
一家に不始末をしでかした人物が出ると、恥っかきのポールを立てなければなりません。このポールに彫刻された人物や動物は、みんな情けない顔をし、涙をポロポロこぼしているので、すぐに分かります。目から流れる涙も、よく見ると一滴一滴が人の形になっていたり、涙の中に人格や精霊が宿っていることを表現しています。
こんなのが自分の家の前にあると思うと切ないですね~遠くからでもばればれです。
でもなんだか応援したくなる表情。

人間から動物へ、動物から神へと、いつでも変身することができるという北米先住民の信心が表わされ、そのうえ表札にお墓、罪や名誉の公表という役目まで果たすトーテムポール。
こんなに鮮明に家を語ってしまう表札は、日本にはないですよね。
よし、お正月実家に帰ったら、今年の恥をきれいに流すため表札を磨こう!
参考文献:世界妖怪協会公認雑誌「怪」
chihiro


昨夜から降り始め、今朝はもうアスファルトを覆う程の白い絨毯!
何度冬を迎えてもこの一瞬の様変わりは見事だと思うのです。
…まあ、直ぐに彼等(雪)は倒す(除雪する)べき敵となるんだが、ね!
そして本日の面白できごと。

重し代わりに乗せていたカボチャ。
持ち上げたら凍ってくっ付き、まるで取っ手のように一緒に。。。
mayu

放置し続けて早1ヶ月が過ぎました…。
何事もなかったように珈琲tripを更新させて頂きます[#IMAGE|S11#]
シャーロックホームズ展を見たあと店長の日記に書いてあった通りスターバックスへ行き、
こんな雑貨屋さんや

こんなオープンカフェのある坂道を下り、


2軒目のコーヒー屋、北野坂にしむら珈琲店へ!
こちらは神戸で言わずと知れた老舗珈琲店。
北野坂店は1974年に会員制喫茶店として開店し、各界著名人が訪れていたそうですが、95年の阪神大震災を期に一般の方に開放されたそうです。

なんだか重厚な雰囲気!

←ランチにエスカルゴのなんとか風味というのを頼んだのですが、あまり高級な食べ物に慣れてないので「エスカルゴってどれだろう」と謎。
結局誰もわからず「“風味”だから入ってないんじゃ…」ということになりました。
写真見てわかる方今度お店に来た時に教えてください。
さてさて珈琲のほうは濃すぎず薄すぎず飲みやすかったです。
コーヒーカップも器もシュガーポットのスプーンもロゴ入り!

chihiro