BLOG カテゴリー: 雑記

まえがきより

始まりは2009年。
店を手伝ってくれていた山田さんという方が「珈琲文芸誌を作りたい!」と店の横の事務所、通称”COFFEE ROOM”で、データ入力から製本まで全て自分達で作り始めたブラウンブック。
完成度は決して高くはありませんでしたが、なんとか3年連続でコーヒーの日に発行したものの、スタッフも変わり、第3号を出したまま日常の商売の忙しさに追われ…
小樽文学館の館長さんに「3号雑誌にならないようにね」と言われた事を忘れているフリをしていました。

何年か経ち、常連さんだった永堀さんに再会し、またブラウンブック出すなら珈琲の小説を書きたいと何度か言ってくれたこと、ちょうど店が10年経つ頃だったので、なぜ商売(店)を続けているのかをあれこれ考えた結果、「ブラウンブックをまた出そう」そう思い、去年十周年記念号として復活いたしました。

店を続けている理由は、個人的に叶えたい夢があったからです。なかなか叶わなくて諦めがつかなかったという単純な理由でしたが、店を続けている証がブラウンブックという本という形になりました。寄稿、編集、校正、全ての過程で協力頂いた方々は全員、Brown Books Cafeを通して知り合った人達です。

本号は元スタッフの体阿弥がリーダーとなってくれました。
コーヒーの香りが漂うような本としてお楽しみ頂ければ幸いです☕️

————————————–

今回から表紙をガラッと変え、フルカラーでリニューアルしました。ちなみに表紙のコーヒーの油絵は旦那さんに書いてもらいました☺︎

アイテム数少ないですがオンラインショップにも載せてみました。クレジット決済可能で送料も¥180とお安くなっております↓
brownbookscafe.stores.jp/

 

あ、ちなみに夢というのは”仕事で海外に行き来する”というのが夢でした。

旅行ではなく仕事で行きたかったんです。

 

 

札幌は朝晩雪が降りそうな寒さです。

私は明日からアメリカへ出張買付に行ってまいります!飛行機降りてすぐ左ハンドルの大きめの車の運転…久々なので少し緊張しますが、唯一楽しみなのが音楽。ラジオからどんな音楽が流れてくるんだろう。ワクワク。
今回は前回のティッシュが突っ込んであったモーテルはやめてみました(笑)
何よりいい古本、いい古雑貨に出会えるだろうか。
とにかく全力をつくします。

Brown Books Cafe2店舗、普段通りに営業しております。

4pla店は変わらず毎日、商品の入荷がありますし、南3条店は毎日のように焼きたてのケーキ、焼きたてのコーヒーをご用意してお待ちしておりますね☺︎

最後まで読んで頂きありがとうございます!

星川

3人で月1回づつ交代でブログを書いていますが、あっと言う間に一カ月がすぎて行く。。

6月はアメリカに買付行って、大阪に行商しに行って、買付の荷物が届いて、4プラで蚤の市やって、東京にも行ってきました!

あまり落ち着きたくないので家を持たずジプシーみたいに生きたいと昔は思っていました。

だから旅は大好き。

 

前にも載せたお気に入りの1枚。

田舎のファーストフード店、DQ(Daily Queen)。

忘れられない最高の瞬間。

 

そしてぜんぜん違う国、違う土地で偶然見つけたDQのアイスクリーム型のソルト&ペッパー!

常に旅で雑貨を探し見つけ、その偶然に感動している。

そんな最近です。死ぬほど雑貨が好き。

買付に行きたくてまたうずうずしています。

 

7/16(日)ライブがあります!パリ在住のパリの地下鉄ミュージシャンの資格をもつRieさんのアコーディオンライブをやります‼︎‼︎

予約不要なのでお気軽にお越しくださいね!

 

お久しぶりです店主です!

日々の雑務に追われ、なかなか手軽なSNSばかに頼ってしまい、より大事なブログを更新できなかったので、先月から当番を決めました↓

◾️月初め…店主 星川(ホシカワ)

◾️10日頃…南3条店 湊(ミナト)

◾️20日頃…4pla店 長滝(ナガタキ)

このメイン3人、交代で書いていきますのでよろしくお願いします!

4pla店にいるあとの2人、石本&石田はTwitterなど、日々のお知らせで登場してます。

でもまずは何より、実際にお店に来てほしいです!!!

どうぞよろしくお願いします!

 

さて4月に入りました。

先月ひっそりとブラウンブックスカフェ11周年を迎えました。何かやろうと思っていたんですが、、何もせずに過ぎてしまいました。。。やる気と気持ちに体力か追いつかず、毎日やるせない思いでいっぱいです。(苦笑)

あと会社にして2期目に入りました。初めての決算とか法人税とか南3条店の棚卸しもまだやってないんですが、、、大丈夫なんでしょうか。。。汗

新しいノートたち!PC買わずに粘ってます。

手書きの方が喫茶の合間にパッと開いて記入できるから私には合ってるかも。

ま、なんとかなるでしょう!

 

 

そして先月2週間、アメリカに買付出張に行ってきました!!!

古い雑貨や古本(主に絵本)440kg発送して先週到着しました。

毎日クリーニングして値付けして、2店舗に振り分けてならべています!こんなのどこにも売ってない‼︎かわいすぎる‼︎と毎日うっとりしながら眺めています。自分もほしいけど、やっぱりほしいお客さんの所へお嫁に行ってくれた方が私も嬉しい。

行くべき所へ行った方が物も喜ぶ気がします。

好きな事を仕事にするのって嫌いになるぐらい過酷で、でもやっぱり辞められないんですよね、好きな事って。一生貫きたいですね。

いない間もスタッフが店を守ってくれて、お客さんも変わりなく来てくれて本当に本当にありがたいです。

今年、買付は最低あと2回は行きます!!!

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

ブラウンブックスカフェを愛して下さる皆様に

次回ブログで店主よりご報告があるかもしれません。笑

see you soon!

ホシカワ

当店は古本、古雑貨の販売もしていますが、現在のスタッフは私がそうだったように、ほとんど珈琲業界に長くいた人ばかり。

春に旦那さんの転勤でうちを辞めた清水さんの事を書こうと思っていたら秋になってしまいました。

西野店開店直後から丸3年働いてくれた清水さん。

昔いた珈琲屋が同じでお互い知っているのはもう15年ぐらい?

image

今は北見の玉ねぎ畑でパートをしているらしいです。↑

「汗水流してお昼に木陰で食べるおにぎりが最高に美味しいです!!!」と先日報告がありました。笑

どこに行っても明るくポジティブでどこでも生きていけそう。元スタッフの体阿弥さんもそうだけどメンタルが強い。笑

仕事でミスをしても自分で全部尻拭いをしていました。笑

例えば、

「お客様にクッキー1つ入れ忘れちゃって、電話きて、品物と、その他に自分でお詫びに買った物と一緒にお届けして謝りに行ってきました。申し訳ございませんでした!!!」

そしてそのお客様を必ずファンにさせていました。

催事も、車の鍵だけ渡せばコーヒーの仕込みして、売る商品も準備して

1人で勝手に行って、ちゃんと売り上げを作ってくる。。。

絶対、自営業向き。笑

いつか戻ってきてほしい。

 

今は西野がなくなり、南3条店は店主の私と、清水さんの代わりに入った新人の湊さん。新人と言っても元同じ珈琲屋出身なので仕事の覚えが早く、一度言った事はメモもしないのに必ず覚えていて、常に冷静で、私の正反対!笑

今、喫茶の仕込みはほぼ湊さんが担当してくれています。

皆、優秀で助かっています。😅

私達が元いた某珈琲屋は、1人が1人分しか働かないと怒られるような厳しい会社で…

…ってよく考えてみると、うちと同じだ😳

 

最近、やる気と体力が追いつかず日々悔しい思いをしている店主でした。