Blogブログ

カテゴリー: 雑記

  • title
    ついに7ヶ月
  • date
    2018年08月12日
  • category
    雑記

お久しぶりです。店主です。

自分の話ばかりになってしまいますが、妊娠7ヶ月になりました。

コーヒー中毒だったので、我慢できるか不安でしたが、自然と飲みたくなくなり、もう何ヶ月も飲んでいません。

お酒も煙草も珈琲も飲まないし、唯一の趣味であり生きがいだった仕事すら、妊娠によりあまり動けなくなってしまい、ありがたい事にスタッフの皆さんが代わりに出てくれてほとんど店には立っておらず、とてもつまらない人間になってしまいました。。汗

 

 

周りの働いていた友人知人は生まれる直前まで働いていたので、私も当然ながらギリギリまで働く気満々でしたが、暑させいかここ1ヶ月は疲れやすく、エレベーターがないので店(3F)も家(4F)も階段が一気に登れず、地下鉄で通うのも厳しくなってきました。

こんなはずはない!と産婦人科専門病院から総合病院へ移り、

全身色んな検査をしてもらい、何も問題ないですーと言われるだけ…

そんなはずはないとだんだんムキになってきて「炎天下だと歩けないんです!」「普通に仕事ができなくて困ってるんです!」と訴え、24時間心電図やら更に色々検査し、「何も問題ないです」「妊婦は炎天下の中歩かないでください」「疲れたら休んでください」と全く問題視されず、とても高い請求書がきて気がつきました。

自分は40代の妊婦だという事に…

そして人より太っているという事に…笑

 

即、中古車を購入。笑

西野店を閉店した時、車も手放したのでそれ以来ぶり!もう2度と車なんて持てる身分じゃないと思っていましたが、子供も生まれるし、あればあったでなんて便利なんでしょう!!!

 

 

そんな中7月、韓国人の親友1家が札幌に遊びに来ました。

13年ぶりの涙の再会。藻岩山の夜景を見たりスープカレーやジンギスカン食べたり、気がつかないようにしているけど、今だに心にぽっかり穴が空いているような…

このことは10月1日に出すブラウンブックに書こうと思います。

 

今年は訳あって急遽フリーペーパーにする事になりました。

→すいません。今年は薄くページ数少なくなりますが、文庫本サイズで¥200〜¥300で販売する事になりました。

 

なんとか続けられる形で続けていこうと思います。

発行はいつも通り10月1日コーヒーの日です!

 

 

店主 星川

 

こんにちは。南3条店の湊です。
先日お休みをいただいて、一人旅に出てまいりました。

新緑のまぶしい山道をよいせこらせと登って辿り着いたのは、姫路・書写山の圓教寺。

ラストサムライのロケ地として使われた場所です。

ロープウェイを降りてから更に1kmほど登ったところにあります。
トム・クルーズも撮影中は毎日この道を登り下りしてたのか、、ハリウッドスターも大変ね、、、なんて思いながら辿り着きましたが、ちゃんと別ルートで車で登れる道がありました。
まぁ、そりゃそうですよね。

数々の映画の舞台地となっているだけあって、威風堂々とした寺院。
釘を使わず組み上げられているなんて、想像もつかないくらい複雑な造りです。



続いて岡山県のとある無人駅に降り立ちまして、

山間にある日本最古の庶民学校、閑谷学校へ。

備前焼の屋根瓦に、

板張りの床は拭き漆仕上げでピッカピカ。

時間の流れがまるで違う、のどかでいい風が吹いている場所でした。



最後は倉敷で美術館巡りとお買物。


知らない土地を歩いたり、いろいろなものを見たりするのって、なんて楽しいんでしょう。この歳になっても初めてのことって、まだまだ沢山あるんですよね。

こんな非日常の高揚感を楽しめるのも、帰る家があってこそ。

3日ぶりに帰ったのに出迎えもしないうちの猫たちは、変わらない日常を生きているからこその冷静さだなと思いました。

お久しぶりです!店主です。

今日から6月ですね。

最近は店にもほとんどいないですし、もう忘れられている存在だと思いますが、ただいま妊娠4ヶ月の店主です(笑)

グレープフルーツばかりを求めていた時期が終わり、ようやく安定期に入るところで、赤ちゃんは11月末に生まれる予定です🍼

 

高齢出産や店の事など不安な事だらけですが、

今後も2店舗、長く続けていけるように頑張ります!!!

 


さて先月、イギリス在住のフランス人のお客さまがいらっしゃいまして、北海道のアートスポットの取材のお付き合いをさせていただきました。

世界中の本物を見てきている方だけあってセンスも物凄く良い方ですし、

日本全国の美術館も実際行って知り尽くしている方に、北海道オンリーワンの魅力を伝えられる場所が果たしてあるのだろうか?

とそんな不安もありましたが、4日間で行ける範囲の美術館や建築を見て来ました。

 

滝野霊園にある頭大仏。安藤忠雄氏設計。

いつの間にこんなものが!

住んでいても知りませんでした。

全面ラベンダーの時期にまたきて見たいですね。

 

懐かしい!北海道開拓の歴史村。

蕎麦屋やお菓子屋の中。

大人になって来てみると色々と違って見えますね。

 

安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄。

「こころを彫る授業」は是非一度参加してみたい!

アルテピアッツァに来たのは、この校舎の教室の奥で2012年に円山店時代の写真展をやった以来です。

元スタッフが円山店時代にデジカメで撮りためていた何気無い日常をパネルにして展示しました。

床のきしむ音だけが響き渡るとても静かで良い空間。

あ〜またここで何かやりたいなぁと思いました。

 

4日間 取材に付き添いながら、札幌、江別、小樽、旭川、美唄を訪れ、

普段住んでいると当たり前すぎて気が付かない場所が、違う目線で深く見ることができ、大変貴重な体験をさせて頂きました。

改めて札幌や北海道の自信を持って紹介できる良い場所がないか、実際に行って調べてみるのも私の今後の課題となりましたし、また、自分の店も世界各国の方に紹介したくなるようなオンリーワンの店作りをしていきたいなと改めて思いました。

 

↓VO.2は今回取材した北海道も載せる予定出そうです♫

www.amazon.co.jp/フランス人がときめいた日本の美術館-ソフィー-リチャード/dp/4797673214