BLOG カテゴリー: 南3条店(喫茶&古本)

南3条店の一番のインテリアである大きな窓。
季節や時間帯によって様々な表情を楽しめます。

向かって右側の窓には、真正面に銀杏の木があります。
去年は強風が吹いたのか、雪が降ったのか、、もう記憶が定かではありませんが、色付く前に葉が全部落ちてしまいました。
今年は窓一面、黄色に染め上げてくれるといいなー、と毎日眺めています。

左側の窓は交差点を行き交う人をぼーっと眺めるのに最適です。少し視線を上げれば、純一さんと目が合います。
思いっきり こちらを指さしています。
ちょっとイラっとすると評判?です。笑

一番のおすすめは夕暮れ時。
外の景色がぱーっと一面紫色に染まります。

真向かいのビルの壁が赤いのと街灯による恩恵で、夕焼けが特別綺麗な日じゃなくても、幻想的な雰囲気がもれなく楽しめます。

今時期だと17時前後でしょうか。
ほんのひとときですが、とってもムーディー。
思いにふけるのにぴったりです。

窓辺の席で本を読んだり、ただ窓の外を眺めて過ごされているお客様を引きで見ると映画のワンシーンのようで見惚れてしまいます。

秋ですから。物憂げに窓の外を眺めて過ごすのもいいんじゃないでしょうか。
温かいコーヒーをご用意して、お待ちしております。

南3条店 湊

まえがきより

始まりは2009年。
店を手伝ってくれていた山田さんという方が「珈琲文芸誌を作りたい!」と店の横の事務所、通称”COFFEE ROOM”で、データ入力から製本まで全て自分達で作り始めたブラウンブック。
完成度は決して高くはありませんでしたが、なんとか3年連続でコーヒーの日に発行したものの、スタッフも変わり、第3号を出したまま日常の商売の忙しさに追われ…
小樽文学館の館長さんに「3号雑誌にならないようにね」と言われた事を忘れているフリをしていました。

何年か経ち、常連さんだった永堀さんに再会し、またブラウンブック出すなら珈琲の小説を書きたいと何度か言ってくれたこと、ちょうど店が10年経つ頃だったので、なぜ商売(店)を続けているのかをあれこれ考えた結果、「ブラウンブックをまた出そう」そう思い、去年十周年記念号として復活いたしました。

店を続けている理由は、個人的に叶えたい夢があったからです。なかなか叶わなくて諦めがつかなかったという単純な理由でしたが、店を続けている証がブラウンブックという本という形になりました。寄稿、編集、校正、全ての過程で協力頂いた方々は全員、Brown Books Cafeを通して知り合った人達です。

本号は元スタッフの体阿弥がリーダーとなってくれました。
コーヒーの香りが漂うような本としてお楽しみ頂ければ幸いです☕️

————————————–

今回から表紙をガラッと変え、フルカラーでリニューアルしました。ちなみに表紙のコーヒーの油絵は旦那さんに書いてもらいました☺︎

アイテム数少ないですがオンラインショップにも載せてみました。クレジット決済可能で送料も¥180とお安くなっております↓
brownbookscafe.stores.jp/

 

あ、ちなみに夢というのは”仕事で海外に行き来する”というのが夢でした。

旅行ではなく仕事で行きたかったんです。

 

 

札幌は朝晩雪が降りそうな寒さです。

私は明日からアメリカへ出張買付に行ってまいります!飛行機降りてすぐ左ハンドルの大きめの車の運転…久々なので少し緊張しますが、唯一楽しみなのが音楽。ラジオからどんな音楽が流れてくるんだろう。ワクワク。
今回は前回のティッシュが突っ込んであったモーテルはやめてみました(笑)
何よりいい古本、いい古雑貨に出会えるだろうか。
とにかく全力をつくします。

Brown Books Cafe2店舗、普段通りに営業しております。

4pla店は変わらず毎日、商品の入荷がありますし、南3条店は毎日のように焼きたてのケーキ、焼きたてのコーヒーをご用意してお待ちしておりますね☺︎

最後まで読んで頂きありがとうございます!

星川

今週末の 9/30(土) 13:00-21:00、
NOTRE handmadeaccessoryの5周年を記念して、新作アクセサリーの展示会が南3条店で行われます!

NOTRE 5th Anniversary Party



どなたでもご入場いただけます。

普段どおり、BBCの珈琲豆や雑貨も販売しておりますので、お気軽にお立ち寄りください!
お菓子やケーキもご用意してます!
(ドリンク一杯 ¥500)

シンプルな装いも、グッと引き立ててくれるNOTREのアクセサリー。
いろいろな国のヴィンテージパーツを使い、ひとつひとつ手作りされています。
もちろん、すべて一点ものです。

当日はNOTREのお三人も会場にいらっしゃいますので、会話を楽しみながらお気に入りの一点を見つけてくださいね。

2点以上お買い上げいただいたお客様には、素敵な限定ノベルティもあるそうですよ。

9/30は NOTRE 5th Anniversary Party @Brown Books Cafe南3条店 へ、ぜひお越しください!!

こんばんは。南3条店の湊です。
営業中にどこからか、盆踊りの音頭が聞こえてきました。夏の終わりを感じます。

とにかく暑かった、今年の夏。
暑くなると例年レモネードがよく出ます。
熱気と湯気のこもる狭いキッチンで、来る日も来る日も黙々とレモンを切り刻んでいました。



以前、お客様に「こんな本気のレモネード出してる店ないよ!!」と嬉しい言葉をいただいた事があります。

そうです。BBCのレモネードは本気です。



飲んだ事ある方はご存知でしょうが、1杯あたりレモンの輪切りが6〜7枚、もりもり入っています。
皮ごと食べても美味しいですし、果肉をぎゅーっと潰しながら飲むのも これまた美味しいです。

今夏はバージョンアップしてピンクレモネードも作ってみました。
ピンクグレープフルーツの甘味と、つぶつぶ感が加わり、激うまです。おすすめです。



最後にレモネードの格言を。

When life gives you lemons, make lemonade.

"人生が酸っぱいレモンを与えるのなら、それでレモネードを作ればいい"


酸っぱいレモンも工夫次第で、甘ーく美味しくなるよ。逆境をうまいこと乗り切りなさいよ。みたいな意味だそうです。

兎にも角にも、BBCの自家製レモネード飲みにいらしてください。



さぁ、レモネードの話の次は、コーヒーの話を書かねばなりません。
みなさんも私も、ブラウンブックの締切が間近ですよ。

↓↓↓

ブラウンブック2017年号の文章を募集します!!!

爽やかな風を感じる季節となりましたね。
本日は南3条店から夏の限定メニューをいち早くご紹介いたします。

昨夏の大人気メニュー、
セミフレッドが今年も登場!!
セミフレッドとは、アイスのような、、ケーキのような、、不思議な食感の冷たいドルチェ。
お味は『チーズとベリー』と『チョコとアプリコット』の2種類をご用意しております。

そして、レモンのレアチーズケーキ。
BBC自家製レモネードをゼリーに仕立て、クリーミーな濃厚レアチーズにトッピングしました。

他にもオレンジのシフォンなど、夏にぴったりのスイーツが盛り沢山!


テイクアウトもやっています!


いまやコンビニのコーヒーもあなどれませんが、BBCのアイスコーヒーはこれだけは譲れないネルドリップ。一味も二味も違います!
深煎りのモカで淹れたアイスコーヒーはシャキッとした苦味とすっきりとした後味。

さらになんと!自家製レモネードもお持ち帰りいただけるようになりました!
レモネード片手に街を歩いている感じ、、なんか格好良くないですか?アメリカンな感じしません?笑
さらにビタミンCをたっぷり補給できるので夏バテ知らず。
美味しい!身体によし!格好よし!で、¥390+tax。
めちゃめちゃお得です。

Brown Books Cafeの夏の限定メニュー、ぜひご利用ください!お待ちしております!

南3条店 湊